×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXグランビルの8法則とは

FXグランビルの8法則はローソク足チャートと組み合わせた移動平均線の利用法の代表的なものである。FXグランビルの8法則の買いシグナル@:移動平均線が長期下落ないし横ばいでで推移した後、価格がその平均線を大きく上抜いた時。FXグランビルの8法則の買いシグナルA:価格が移動平均線を下回っても、平均線が上昇を続けている時は、一時的な調整と見て押し目買いシグナル。

FXグランビルの8法則の買いシグナル(続き)

FXグランビルの8法則の買いシグナルB:移動平均線より上で足踏みしていた価格が、移動平均線に接近してきたが結局割り込まずに再度上昇していった時。FXグランビルの8法則の買いシグナルC:移動平均線が下降気味でも、価格が平均線より大きく乖離する形で下落した場合は反発で上昇してくる可能性あり。

FXグランビルの8法則の売りシグナル

FXグランビルの8法則の売りシグナル@:移動平均線が上昇した後、下降ないしは横ばいになり、価格が平均線を下抜いた時。FXグランビルの8法則の売りシグナルA:下降している移動平均線を価格が下から突き抜けたとしても、平均線の下降が続く時は戻り売りシグナル。FXグランビルの8法則の売りシグナルB:移動平均線を下回っている価格が一時的に平均線に接近してきたが、それを突き抜けられない時。FXグランビルの8法則の売りシグナルC:上昇中の移動平均線から大きく乖離して価格が上昇した場合は高値警戒感から下げる可能性あり。

Copyright © 2007 FXグランビルの8法則